第6条の3第17項

この法律で、意見表明等支援事業とは、第三十三条の三の三に規定する意見聴取等措置の対象となる児童の同条各号に規定する措置を行うことに係る意見又は意向及び第二十七条第一項第三号の措置その他の措置が採られている児童その他の者の当該措置における処遇に係る意見又は意向について、児童の福祉に関し知識又は経験を有する者が、意見聴取その他これらの者の状況に応じた適切な方法により把握するとともに、これらの意見又は意向を勘案して児童相談所、都道府県その他の関係機関との連絡調整その他の必要な支援を行う事業をいう。

1 「児童の福祉に関し知識⼜は経験を有する者」

「児童の福祉に関し知識⼜は経験を有する者」では広すぎます。子どもの意見や意向、思いや願いを聴くには、子どもアドボケイトとしての心構えや知識、技術(傾聴・意思表出支援・意見形成支援・意見表明支援・代弁・意見実現支援等の専門的技術)を身に着け、経験やトレーニングを積むことが必要です。また子どもの要請にこたえて子どもの思いや願いを子どもと共に関係者に伝える方法も、身に着ける必要があります。
たとえ児童の福祉に関し知識⼜は経験がある者であっても、そのような専門的技術を有しない者には、子どもの思いや願いを的確に聴き、子どもとともにその思いを伝えることは困難です。
そこで改正案の「知識⼜は経験を有する者」は、「児童の意見表明等支援に関する専門的知識・技術を有する者」とするべきです。

(大臣の答弁)
委員ご指摘の規定(第6条の3 第17項)は子どもの意見表明等支援事業の定義規定でございますけれども、弁護士や社会福祉士等の専門職、ノウハウのある npo など多様なバックグラウンドを持つ人材が担うことを想定いたしております。このためこのような方を包摂する表現として児童の福祉と規定したものでございまして児童の福祉は委員ご指摘の通りで児童の権利を包含するものと認識しております。
いま先生からご指摘もありました6つの点でございますけれども、昨年5月に取りまとめられた権利養護ワーキングチームの報告書において意見表明等支援員についてはエンパワーメント、子ども中心、独立性、守秘、平等、子どもの参画という、意見表明支援の基本原則を理解し身につけることが必要というふうに取りまとめをさせていただいております。
意見表明等支援員にはこのような専門性が必要であると認識しておりまして国としても意見表明等支援員の養成カリキュラムの例の作成等を通じて専門性が確保されるように、しっかりと支援をしてまいりたいというふうに思っております。

(質問例)
「多様なバックグラウンドを持つ人材が」直ちに子どもの意見や意向を聴くことができるわけではなく、また意見表明等の支援を行うことができるわけでもなく、子どもの意見等を聴き意見等の表明を支援するための専門性、すなわちエンパワーメント、子ども中心、独立性、守秘、平等、子どもの参画といった基本原則を理解し身につけるべきと思いますが、いかがですか。

2 「意見聴取その他これらの者の状況に応じた適切な⽅法により把握」

この規定は、子どもから直接聴かずに、観察や記録、検査、関係者の見解から安易に子どもの意見を推量することにつながるのではないかとの懸念があります。
意見や意向の聴取は、言葉を媒介にしなくても、行動、表情、声の調子など、様々な方法を通して行うことが可能です。
そこで、改正案の「意見聴取その他これらの者の状況に応じた適切な⽅法により把握」は「意見⼜は意向の形成及び表明の支援」と規定すべきです

(大臣の答弁)
委員ご指摘の通り自ら意見を述べることが可能な子どもに対しては意見聴取が原則なされるものというふうに考えております。
子どもの意見表明等支援においては審議会等での議論を踏まえましてゼロ歳児や幼児等も対象としておりまして、そのような自ら意見を述べる能力が未熟な場合であっても言葉のみならずその対応や行動変化など客観的な状況を汲み取ることも想定しているため「児童に応じた適切な方法により意見また意向を把握」するものと規定を致しております。意見聴取以外の具体的な方法については今後現場の方々や有識者の意見等を踏まえまして施行までに検討をして参りたいというふうに考えております。

3 「意見⼜は意向を勘案して」

子どもアドボケイトは、子どもの意見や意向、思いや願いをそのまま受け取り、それを関係者に伝えます。「勘案」することは、その思いや願いを受け取った側が行うことで、アドボケイトの仕事ではありません。子どもアドボカシーは子どもに導かれることがその職責です。
改正案の「勘案して」は削除されるべきです。

(大臣)
法律上の用例も踏まえて「意向等勘案」と法律案では規定したものでございまして勘案と考慮でその程度を比較して規定しているものではなく(勘案が)考慮より程度が劣るとも考えておりません。

(質問例)
アドボケイトの役割は子どもの意見や意向を勘案したり考慮をしたりすることではなく、子どもの意見や意向を変えずに声を大きくして届けることではないかと思いますが、いかがですか。

4 「児童相談所、都道府県その他の関係機関との連絡調整」

子どもアドボケイトは子どもから聴いた意見や意向を、そのまま、子どもとともにあるいは子どもに代わって関係者に伝え、その実現の手助けをします。子どもの表明する意見や意向は、児童相談所等の関係機関の⽅針や決定に対する異議の表明をも当然、含んでいます。それなのに関係機関に遠慮をし、斟酌して、関係機関の意向に合わせて「調整」をはかるようでは、およそアドボケイトの仕事とはいえません。
また「連絡」をアドボケイトの業務とすると、アドボケイトに関係機関との情報共有を求められかねず、子どもの秘密を守り、子どもの側にだけ立つ、というアドボケイトのあるべき活動を否定するおそれがあります。

改正案の「4 「児童相談所、都道府県その他の関係機関との連絡調整の支援」は「児童の権利主張の支援」とするべき。

5「その他の必要な支援」

アドボケイトの業務は子どもの思いや願いを聴いてそれを子どもとともに関係者・関係機関に伝え、実現を図ることに尽きる。改正案の「その他の必要な支援」では支援の内容が際限なく広がり、本事業が形骸化することが懸念される。

「その他の必要な支援」は削除する。

6 まとめ

(改正案)この法律で、意見表明等支援事業とは、第33条の3の3に規定する意見聴取等措置の対象となる児童の同条各号に規定する措置を行うことに係る意見又は意向及び第27条第1項第3号の措置その他の措置が採られている児童その他の者の当該措置における処遇に係る意見又は意向について、児童の福祉に関し知識又は経験を有する者が、意見聴取その他これらの者の状況に応じた適切な方法により把握するとともに、これらの意見又は意向を勘案して児童相談所、都道府県その他の関係機関との連絡調整その他の必要な支援を行う事業をいう。
(修正の提案)この法律で、意⾒表明等⽀援事業とは、第33条の3の3に規定する意⾒聴取等措置の対象となる児童の同条各号に規定する措置を⾏うことに係る意⾒⼜は意向及び第27条第1項第3号の措置その他の措置が採られている児童の当該措置における処遇に係る意⾒⼜は意向の形成及び児童相談所、都道府県その他の関係機関への表明を、児童の意見表明支援に関する専門的知識・技術を有する者が、独立した第三者として支援する事業をいう。